-2004-2005年度 第45号 週報NO.1417-
2005年( 平成17年)6月10日 
第1417回例会記録6月17日発行


スマイルボックス

西山 潔 SAA
 

横山悦朗君(横浜東R.C )引継ぎ訪問で伺いました。一年間御協力いただき感謝を申し上げます。次年度飯田G 補佐へご 支援お願いします。

飯田恒雄君(横浜都筑R.C )
次年度ガバナー補佐を拝命致し ました。御指導の程、宜敷くお願い申し上げます。

須永久一君 結 婚記念日のお花を頂き大変感激しています。本 当に有り難うございました。

月山勇君 [1]小池さん先日大漁だったそうで何か美味しそうな 魚?ご馳走様でした。[2]本日の家族会、古川親睦委員長始め、 委員の皆様ご苦労様です。荒天なれど親睦の和と輪で宜しく…

横山範夫君 [1]横山ガバナー補佐一年間お世話になり有り難う ございました。そして次年度飯田ガバナー補佐宜しくお願い致 します。[2]横溝亘(ワタル)さん入会おめでとうございます。[3]先日のテーブルミーティング天野テーブルマスター田副 テーブルマスターご苦労様でした。

山本登君 [1] 阪神て、いま何位??[2]本日、理事会、家族会所 用にて欠席、例会早退いたします。何卒平に御容赦下さい。

江森国一君 先週の第3 テーブルミーティングではマスター の天野さん、サブマスターの田さん大変お世話になりました。 二次会は、記憶が定かではありませんが、川邉さん、田中さん お世話になりました。

清水勇一君
今日の春の家族会は申し訳ございませんが、用事がありますので欠席させていただきます。

鴻義久君 家 族会孫がたのしみにしています。よろしくお願い します。

澁谷弘君 第3テーブル、天野会員、田会員お世話になりました。出席の皆様お疲れ様でした。

藤橋恒一郎君 今 日は休会と思ってしまいました。加藤サン竹をアリガトウございます。今日より三日洲崎大社のお祭りです。 夜店も従来通りにでます。皆様誘い合せの上お越し下さい。

山田富雄君 天野さん、田さん、先日のテーブルミーティン グご苦労様でした。横溝さん、入会おめでとうございました。

天野公史君 [1]スピーチをいただいた先輩方をはじめ、第3テーブルミーティングに御参加頂いた皆さんありがとうござい ました。[2]月山会長、差し入れありがとうございました。[3]横 山幹事ごちそうさまでした。

古川陽太郎君 [1] 横溝さん、入会御目出度うございます。これ からは会員として、親睦委員としてクラブライフをお楽しみ下 さい。[2]本日、夜は春の家族会です。あいにくの雨ですが、御 参加の皆様よろしくお願い致します。[3]先週の第3 テーブル ミーティングでは天野さん、田さん御苦労様でした。その後 は河野さんには遅くまで御迷惑をお掛けして、申し訳ありませ んでした。

鈴木武君 信濃様、本日の卓話よろしくお願いします。

角田伯雄君 天野さん、田さん、テーブルミーティングご苦労様でした。

長井章君 [1]我妻先生、河野さん、先日はありがとうございました。[2]舘野さん、朝日さん、昨日は、ごちそう様でした。早 起は、三文の得ですね?

川邉正男君 [1]先週の第3 テーブルミーティングご出席の皆様おつかれ様でした。[2]江森さん、田中さん、おそくまでおつかれ様でした。

田中栄君 天野さん、田さん、テーブルミーティングお疲れ様でした。良かったです!久々に発散もしました。

舘野典久君 河野さん、鈴木さん、長井さん、朝日さん、色々とお世話になり、ありがとうございました。 吉橋佐千男君 [1]横溝さん、御入会おめでとうございます。 [2]古川親睦委員長、本日のナイトクルーで宜しくお願い致します。 天気も良くなると思います。とても楽しみです。

西山潔君 横溝さん、入会おめでとうございます。これからもよろしくお願いします。信濃様、本日の卓話よろしくお願いします。




6月10日 22件 57,000円
本年度累計額 2,357,000円

 

理事会報告

[6月度定例理事会報告]

【日 時】 平 成17 年6 月10 日(金) 例 会終了後
【場 所】 ホテル キャメロット ジャパン 3 階 ナイト
【議 題】
[1]会員候補者の件 橋 本直生氏(女性) 承認
[2]春の家族会の収支の件 奉 仕会計→一般会計へ 承認
[3]たんまち福祉活動ホーム後援依頼の件 承認
[4]その他
 [A]創立30周年記念事業の件 委員より交通安全標語看板設置の提案 継続
 [B]平林吉明会員 6 月24 日 退 会 承認
 [C]ロータリー100 周年3 クラブ合同事業 承認
 「サスマタ寄贈」の経費分担の件(¥19,550.- )
 [D]淡水R.C との姉妹提携を次年度へ継続審議の件 承認


卓話



 + +少子化などにより伸び悩むなか
            新しい動きがみられるコンテンツビジネス+ + 



  浜銀総合研究所 研究員 信濃 伸一 様  

映 像、音楽、ゲーム、出版といったいわゆるコンテンツと呼 ばれる分野の国内市場規模は90 年代後半以降横ばいで推移し ています。 こうしたコンテンツ市場の伸び悩みの原因として は、主なユーザー層である若年者が団塊ジュニア世代の後に一 般して減少傾向あることがあります。たとえば、15 〜19 歳 人口は、90 年をピークに大幅に減少し2003 年には700 万人程度まで落ちこんでいます。
こうした状況に対応するために、コンテンツ関連の製作会社は 2 つの大きな戦略を実行しました。ひとつは、新しい情報メディ アの利用です。90 年代後半以降、急速に普及した携帯電話を 利用して動画や音楽などを配信したり、インターネットを用い たゲームの開発などを積極的に進めるようになりました。例え ば、携帯電話向けの「着メロ」などは非常に大きな成功を収めています。

もうひとつが「オタク」向け商品の開発です。「オタク」はゲー ムやアニメなどの熱心なファンであり、従来のコンテンツ市場におけるターゲットであった10 代後半よりも高い年齢層、具 体的には20 代前半から30 代前半までの比較的金銭的にも余 裕がある層向けの商品もラインナップとして提供するように なりました。例えば、テレビ東京やテレビ神奈川で深夜に放 送しているアニメなどは、子供たちに大人気のポケモンなど と異なり、このオタク向けに含まれます。
特に最近では、オタク向け商品のなかでも「萌え」といわ れる趣味・嗜好を表現した商品が増えています。萌えとは、 アニメやコミックなどにおける愛情を含んだ趣味、嗜好を示 したもので、キャラクターの外見的な特徴などについてのこ だわりを意味しています。萌え関連の商品はここ数年で急激 に増加したとみられ、2003 年の市場規模について試算したと ころ888 億円となりました。この市場規模は、バターなどと 同程度となります。
こうした萌え関連作品は、子供向けなどが中心のコンテン ツ市場においていわば亜流となりますが、一方で新しいサー ビスを生み出す原動力となる場面も見られます。最近、秋葉 原などで「メイド喫茶」というものが何軒か開店し大盛況と なっていますが、「メイド喫茶」は萌え関連のゲームから生ま れたもので、いわば空想が現実となった形となります。こう したニッチな市場において潜在的な需要を掘り起こすことは、 今後人口(特に若年層)が減少局面を迎え規模を追求するマー ケティングが難しくなるなかで、企業が消費者のニーズをと らえる方法の1 つのモデルとみることができるのではないか と思います。





 


◆◇◆◇ 『友』インターネット速報 ◇◆◇◆


【台湾で100 人以上のメジャードナーを表彰】

台湾の台北市で開催された国際ロータリー会長主催祝賀会議 において、ロータリー財団に総額100 万ドル以上を寄付した 104 人のメジャードナーが表彰されました。これは、台湾の黄 其光(ゲーリー・ホアン)ロータリー財団管理委員と7 人のガ バナーが、ロータリー100 周年事業として、2005 年2 月23 日のロータリーの誕生日までに100 人の新しいメジャードナー となろうと呼びかけたのに応えたものです。
台 湾での同祝賀会議は、「毎年あなたも100 ドルを」と「ロ ータリーの未来」の2 つをテーマに開催されました。今回の表 彰は、5 月7 日の朝食会において行われたもので、ポール・ハ リス・フェロー認証者が100 %のクラブもこの席で表彰されま した。
ま た、この朝食会ではロータリーのシニアリーダーが、ロー タリー財団が行う人道支援プログラムを強化できるよう、より 多くの寄付が必要となっていることを説明。そのためには各ロ ータリアンが毎年100 ドル以上をロータリー財団に寄付してく れるよう促しました。




 

春の家族会


6 月10 日(金) 18 :30 〜 19 時出航〜21 時帰航


横 浜港のクルーズ船 マリーンルージュで、会員とその家族総勢100 名が夜景を眺めながらのディナークルーズを堪能しました。 当日は台風4 号が接近するなど天候には恵まれませんでしたが、古川委員長をはじめとする親睦活動委員会の皆様によるゲームな どで本年を締めくくる楽しい家族会をすごすことができました。










 


   担当者より  ● 



会 報委員の役目も今回で終りとなりました。山田会報委員会、 会報に毎回、素晴しい写真を提供されると共に、新しい担当シ ステムの土台を作り、さすが元教師と感服しました。
次年度もこのシステムは維持されていくものと思われます。山田会報委員長、一年間御苦労様でした。

【次週《6 月24 日》の卓話予定】

「年度末夜間例会」





週報TOPへ戻る /  / 2