-2004-2005年度 第34号 週報NO.1407-
2005年( 平成17年)3月18日 
第1407回例会記録3月25日発行


スマイルボックス

西山 潔SAA
 
田中龍太郎君 誕生日祝いありがとうございます。こういう 機会がなければ中々祝ってもらえないものですので貴重です。これからもよろしくお願いいたします。

月山勇君 松本賢吾先生、本日の卓話宜しくお願い致します。

山本登君 花粉症最悪です。でもGolf ヤリマス。

飯田f君 明日19 日には多くの会員の皆様に私ごとでご迷惑 をお掛けいたしますが、「好意と友情を深める」ためと思ってお宥しを戴きたいと思います。

澁谷弘君 江森会員先日は長時間ありがとうございました。感謝申し上げます。

古川陽太郎君 [1]石川さん、先日は御心配をお掛けして申し訳 御座居ませんでした。[2]永井さん、昨日は長時間に亘って有難 う御座居ました。[3]月山会長、先日は結構な御品を有難う御座 居ました。[4]須永さん、先日は遅くまで御馳走になり誠に有難 う御座居ました。奥様、ケアサービスの方々にも宜敷くお伝え 下さい。[5]マグロオヤジ殿、先日は有難う御座居ました。東京 湾のダボハゼしか食べていない者には上品すぎましたね。美味しかったですが……。

雨宮和則君 西山先生、あまり飲み歩いてばかりいると誰か?さんみたいになってもしりませんから!!

鈴木武君 松本さん本日の卓話楽しみにしておりました。よろしくお願いします。

森永正昭君 松本先生本日の卓話大いに期待して居ります。

須永久一君 [1]古川先生、先日はありがとうございました。 女子職員大変感激しておりました。[2]朝日会員、舘野会員、田中栄会員、昨日は大変お世話になりました。

西山潔君
 雨宮先生、先日は朝までありがとうございます。 私とつき合っていると雨宮先生が誰か?さんになりますから 残念。松本賢吾先生、本日の卓話よろしくお願い致します。



3月18日 11件 37,000円
本年度累計額 1,903,500円

 

卓話



 + + は み 出 し 者 の 文 学 + + 


  ハードボイルド作家 松本 賢吾 様  

 ある批評家が私の作品を「はみ出し者の文学」と評しました。  それは数多くの職業を経て、様々な経験を踏んだのち、 最後の最後に小説家として花開いた作家ということで、いわゆる最初から作家を志して文学修行をした正統派の作家とは異なる、裏街道派といったような意味がこめられているのだと思います。  批評家は裏街道派の作家として、「雨宿り」の半村良、「塀の 中の懲りない面々」の阿部譲二、「突破者」の宮崎学、「とられてたまるか!」の浅田次郎、「流星たちの宴」の白川道、「血塗られた神話」の新堂冬樹、「血と骨」の梁石日などが含まれる と書いていましたが、私は勝目梓こそ裏街道派の親玉だと思っています。  恥ずかしながら、私は三十九歳の冬に、名古屋から自転車で夜逃げをして来ました。夜逃げの足に自転車を選んだのは、 競輪が好きだったからではなく、新幹線に乗る金がなかったからで、ポケットにはしわくちゃの千円札が二、三枚あるの みでした。  その頼みの綱の自転車が鶴見でパンクをして、途方に暮れて入ったラーメンの屋台で、「おやじ、何か仕事ないか」と言っ たら、「屋台なら一台空いてるぜ」と、その場で採用。三日間の見習いを終え、四日目から鶴見駅西口の屋台でラーメンを売っていました。  そのころからです。暇潰しに赤川次郎、西村京太郎、松本 清張などを片っ端から読み、そんな乱読を重ねているうちに、 これなら俺にも書けるんじゃないかと、さっそく原稿用紙を 買ってきて鉛筆で小説らしきものを書き始めたのです。  屋台は五年であがり、次はガードマンになりました。  私は元警視庁警察官でしたから、制服は性に合っていて、 曲がりなりにもガードマンを八年近く続け、その間に平成 元年の横浜博覧会では、海のゲートの警備隊長をやらせてもらったりと、すっかり夜逃げの後遺症からも抜けて、真っ当な人間らしくなっていました。
 ところが、根が山っ気の多いギャンブル人間ですから、生 活が安定するとどうにも落ち着かないのです。  そんなとき、神奈川新聞のコラムで、「六十万円で作家になれる。高いか安いか!」という挑発的な惹句を目にしたのです。ある創作学校の入学案内の記事でしたが、のちに私の師匠となる安原顕の顔写真も載っていて、入学金の六十万円は決して安くはなかったですが、どうせ馬券か車券で消えてしまう金ですから、一発大穴狙いで自分に賭けてやれと、 五十三歳の老勝負師が大勝負に出たのです。  それが奇跡的に的中して、松本賢吾という裏街道派の売れない作家の誕生に至ったという次第です。



 

◆◇◆◇ 『友』インターネット速報 ◇◆◇◆




【シカゴロータリークラブの街路表示が設置】

 シカゴ市は、2 月23 日のロータリー100 周年の栄誉をた たえ、「シカゴロータリークラブ通り」を設定し、同日、その 街路表示版の除幕式を行いました。この街路表示は、ダウン タウンの北ディアボーン通りと西ランドルフ通り交差点の東 南側に設置されました。そこは、100 年前にポール・ハリス を含む4 人が最初の会合を開いたユニティービルが、かつて あった辺りです。


【ロータリーカラーでエンパイアステートビルディングを彩る】

 2 月23 日の夜、ロータリー100 周年を記念して、ニューヨー クのエンパイアステートビルディングが、ロータリーブルー とゴールドのイルミネーションに彩られました。同ビルディ ングのイルミネーションを使用することは大変難しいことで あり、ニューヨークのポートワシントンロータリークラブ会 長のマイケル・プレイス氏が尽力し、実現しました。 『友』ホームページ情報  各クラブでは、ロータリーが創立100 周年を迎えた2 月 23 日をどのように過ごされたでしょうか? 『ロータリー の友』では、この創立記念日のご紹介をしたいと考えており ます。つきましては、600 字以内に原稿をまとめ(あれば 写真も)、3 月末日までに『友』事務所にお送りください。


【アフリカで1 億人の子どもにポリオワクチン投与】

 アフリカ大陸の22 か国で1 億人の子どもたちを対象にし た今年最初のポリオワクチン投与キャンペーンが一斉に実 施されました。2 月25 日に始まったこのキャンペーンは、 過去4 年間にエチオピアで1 人の子どものポリオ感染が報 告されたことに端を発しています。ここ数年、アフリカはポ リオ撲滅運動が危機にひんするような事態に見舞われてお り、今年のワクチン投与では、ポリオウイルスの感染力が低 い今の時期に行うことで、ポリオのまん延を防ごうとするも のです。  今回の全国予防接種日には、コンゴ、エリトリア、エチオ ピアが初参加。内戦により、昨年11 月まで反ポリオ政策を とっていたコートジボワールも、ナイジェリアでポリオが再 発したことによる感染が懸念されていましたが、再び参加す ることに決定。そのほか18 か国が参加しました。  WHOのルイ・サンボ氏は、「アフリカからポリオを撲滅 するためには、特にこれまで感染を防ぎ切れないナイジェリ アとニジェールで、すべての子どもたちに予防接種を行うこ とが重要であり、両国が協力的であることは歓迎すべきこと です」と話しています。  なお、アフリカでは今後4 月と5 月、年の後半に大規模な 予防接種を予定しています。


『友』ホームページ情報  

東京城南ロータリークラブ(第2750 地区)は3 月12 〜 13 日、地区内と第2790 地区内のロータリアンの協力を得て、 ロータリー100 周年記念事業、三宅島帰島支援活動「Caro Gran Sport R.C. 2005」を開催しました。当日は103 台のク ラシックカーが参加し、参加者とロータリアン、スタート地 点に集まった観客からの募金で、三宅島にワゴン車を寄贈し ました。詳細は、『友』ホームページの「ロータリーニュース」 に、3 月16 日(水)に掲載する予定です。クラシックカー に興味をおもちの方もぜひお立ち寄りください。参加車の写 真も掲載します。


【ヨハネスブルクでロータリーの貢献を祝賀】

 3 月11 〜 13 日に、アフリカ各地から、600 人を超える 事業のリーダーや専門職業人が、南アフリカのヨハネスブル クに集まり、アフリカでのロータリーの貢献を祝賀しました。 1912 年にアフリカで最初のクラブとして創立した、ヨハネ スブルクロータリークラブが主催した祝賀会で、グレン・エ ステス国際ロータリー会長は、アフリカのロータリー家族の 温かい歓迎に感謝するとともに、1934 年に同地を訪問した ポール・ハリスもそのもてなしに感動したというエピソード を紹介しました。  基調講演では、ノーベル平和賞受賞者で、南アフリカの人 権指導者であるディズモンド・ツツ司教も登壇し、ロータリー はアフリカ社会を改善するために、すばらしいプロジェクト を実施していますと称賛。とりわけポリオ撲滅運動を高く評 価しました。また、司教は、平和指導者の証として、エステ ス会長から小彫像を贈られ、ポリオ生存者であるという自身 の体験から、ロータリーから授与されたことに大きな意味が あると述べました。


『友』ホームページ情報  

もうシカゴ国際大会の登録はお済みですか。割引を受けら れる締め切りが3 月31 日ですから、登録がまだの方は、至 急、お申し込みください。RI国際大会の楽しみは、本会議やグループ討論、友愛の家などのほかに、ホスト委員会が開 催する各種のイベントがあります。これらの行事の多くは、 事前の登録が必要になりますので、RI国際大会への登録 が済んだら、こちらも忘れずに登録をしてください。登録 用紙の最新版が届きましたので『友』ホームページに掲載 しました。登録用紙は、「ロータリーニュース」または、「シ カゴ国際大会」の欄から入手してください。

 


   担当者より  ● 

吉田 隆男 会報委員

今週、家内と京都へ行って来ました。3 月11 日から10 日間、 清水寺から円山公園にかけて灯明をつけるイベントが行なわ れており、幻想的な雰囲気の中を散策することができました。
 4 月上旬には円山公園の枝垂れ桜も開花予定で、いよいよ京都の季節がやってきます。

【次週《4 月1 日》の卓話予定】

 「風力発電の用途利用について」
(株)シグナスミル代表取締役 野口 常夫 様 
           紹介者 鈴木 武 会員

 

 



週報TOPへ戻る /  / 2