-2004-2005年度 第31号 週報NO.1403-
2005年( 平成17年) 2月18日 
第1403回例会記録2月25日発行


スマイルボックス

西山 潔 SAA
 
藤林豊明ガバナー(横浜鶴見北R.C) 地区大会では、コ・ホストクラブとしてご協力を賜わり、誠にありがとうございました。心からお礼申し上げます。

稲葉澄夫君(横浜鶴見北R.C) 本日はお世話になります。 地区大会盛況のもとにおえる事を出来ました。御協力ありがとうございました。

伊澤政宏君 長い間欠席しまして申し訳ありませんでした。 会長・幹事又会員の皆様にはご心配、ご迷惑をおかけしました。

植田清司君 結婚記念日のお花、ありがとうございました。 29回目となりました。

月山勇君 [1]藤林ガバナーようこそ。地区大会では、お疲れ様でした。[2]菅沼社長ようこそいらっしゃいました。例会の雰囲気を味わって下さい。

小池将夫君 [1]伊澤会員、全快おめでとうございます。元気な 姿を拝見して安心いたしました。[2]桂歌助師匠、本日はよろし くお願いいたします。

横山範夫君 [1]藤林ガバナーようこそおいで頂きまして有り難うございます。[2]伊澤さん退院おめでとうございます。

江森国一君 古川先生、河野さん、澁谷さん、色々とお気遣い いただきありがとうございます。

山本登君 花粉症は始まっています。皆さんもGolf やり過ぎない様に。

永井隆俊君 藤林ガバナーようこそ。残り少くなりましたね。 ご苦労様でした。

飯田f君 [1]伊澤さんお元気になられてよかったですね。 [2]私ごとで皆様にご迷惑をお掛けすることになり大変恐縮して おります。すべて河野・石川両氏の責任です。

山田富雄君 [1]冨居さん、大変結構なお品を頂きまして、あり がとうございました。又、田辺さん過日はごちそう様でした。 [2]田さん、今泉さん、先日はお世話になりました。

雨宮和則君 [1]澁谷サン色々とご配慮下さりありがとうござい ました。[2]西山先生、サイパンでは射撃お疲れさまでした。

古川陽太郎君 [1]永井隆俊さん、先日は貴重な御意見を有難うございました。今後共よろしくお願い申し上げます。[2]月山 会長、先日は美しいお花を沢山頂戴し、有難うございました。 [3]月山会長・河野さん、色々と有難うございました。[4]加藤さん、 飯田泰之さん、今夜はよろしくお願い致します。[5]伊澤さん例 会復帰おめでとうございます。

飯田泰之君 [1]昨日は、澁谷さん、加藤さん、江森さんお世話 様でした。楽しく過ごさせて戴きました。[2]先般ご案内済です が、本日第1 テーブルミーティングを『やぶ、浜』で6時よ り開催しますのでよろしくお願い致します。

山本芳弘君 寒い日が続きます。皆様お大事になさって下さい。 本日早退します。

森永正昭君 桂歌助先生、本日の卓話期待して居ります。

山田正憲君 伊澤さん、ご復帰おめでとうございます。

鈴木武君 本日は桂歌助さんよろしくお願いします。伊澤会員 今日完全復帰おめでとうございます。

川邉正男君 伊澤さん完全出所おめでとうございます。

西山潔君 [1]伊澤さん、全快おめでとうございます。[2]桂歌助 師匠、本日の卓話よろしくお願い致します。
 

2月18日 21件 55,000円
本年度累計額 1,696,500円

 

【第4回クラブ協議会】

【日時】 平成16 年2 月18 日(金)13:40 〜
【場所】 ホテルキャメロットジャパン 5 階 ジュビリーIII

 各委員長から活動状況の報告をいただきました。
 



卓話



 + + 笑 う 楽 し さ ・ 笑 わ せ る 楽 し さ + + 


  落語家 桂 歌助 様  

謹んで、自己紹介申し上 げます。  わたくし桂歌助は、五人 兄弟の三男坊。雪と着物と コシヒカリで有名な、新潟 県十日町市で育ちました。  高校時代は、甲子園を めざして練習にあけくれ た毎日。があと三歩のと ころで涙をのみ、甲子園は観に行きました。ポジションは一番。 投手、内野、外野すべてやりました。  大学では数学を専攻し、英語研究部に所属。在学中に落語 家になりました(何と計画性のない人生)。  また、落語家の家業に入ってからは、得意のパソコンやイ ンターネットの知識を活かして、自作のホームページを平成 八(1996)年に開設。「歌助だより(中日のご祝儀)」という 名のメールマガジンを不定期で発行しています。以前は、所 属する落語芸術協会のIT 部門を指導していました。

------------------------------------------------------------------------------

芸  名:桂歌助(かつらうたすけ)
本  名:関口昇(せきぐちのぼる)
出  身:新潟県十日町市
生年月日:昭和三七(1962)年 九月十九日生まれ
血液型:O型
趣  味:草野球、ヘボ碁、パソコン・インターネット、旧街 道歩き(旅人倶楽部)
特  技:寄席の踊り(カッポレ、奴さん、ずぼら等)、東八拳
最終学歴:昭和六二(1987)年 三月 東京理科大学理学部 数学科卒業

------------------------------------------------------------------------------

【活動内容
わたくし、桂歌助は、落語家として古典落語の公演を中心に仕 事をしておりますが、日本舞踊にも素養があり、芝居なども嗜 みます。
 その他、平成十一年に東海道を歩いて落語をしたことと、その 翌年にテレビ番組『水戸黄門』に出演した経験から、まちづくり を目指している自治体へ出向いて講演を行うことがあります。
 また、大学在学中は教師を目指していたこともあり、毎年一 回、千葉県の小学校で落語を教えています。

【落語】
 落語家修業を通して、どうしたら人を楽しませられるかを 日々学んでいます。“笑い”は健康と美容と人間関係円滑の源。 人生に欠かせない要素です。

出囃子: 十日町小唄   
家 紋: 丸に三つ柏

【芸歴】
昭和六十(1985)年十二月師匠の桂歌丸に入門、歌児 となる
昭和六一(1986)年三月三一日横浜三吉演芸場で初高座 
同 (1986)年五月前座になる
平成 二(1990)年六月二ツ目に昇進、歌助に改名
平成十一(1999)年五月真打に昇進
 同  (1999)年 六月〜八月「東海道五十三次一宿一席 宿場寄席」を行い、宿場落語 を創作発表
平成十三(2001)年一月〜十二月「東海道五十三次四〇〇年 祭宿場寄席」を行う
平成十六(2004)年十一月〜 地元の新潟県で「『がんばれ 中越』被災者激励落語公演 会」を行う。

【日本舞踊・芝居】
 日本の古典文化の始まりは鎌倉仏教です。お寺さんを会場にし た公演も多く、古典芸能は相互に密接な関係があります。古典の 発展が日本人の心の豊かさをもたらすと訴えている毎日です。

【芸歴】
平成 三(1991)年若禄会『道成寺』所化にて歌舞伎座出演
平成 六(1994)年若禄会『青海波』を歌舞伎座で踊る
平成 七(1995)年十月新宿コマ劇場「細川たかし公演」に て役者として芝居、踊りで出演
平成 九(1997)年三月 若禄会『君が代松竹梅』を歌舞伎座で踊
平成十二(2000)年TBS『水戸黄門』に先達役で準レ ギュラー出演
平成十六(2004)年「踊りライブ」公演『噺城東弥次喜多 (おとしばなしあずまのやじきた)』 で脚本を手掛け、自らも出演する


江戸人情世話物を一席お話頂き例会は笑いの渦の中、終演した。

 


 

   担当者より  ● 

飯田 泰之 会報委員

早くも今日は、2 月18 日(金)。
広辞苑によると、二月は如月。 衣更着とも読み「生更ぎ」の意。草木の更生することをいう。 着物を更に重ね着るとするのは誤り。陰暦2 月の異称。きぬさらぎ。・・・とあります。

春は、もうすぐそこまで来ています。風邪や花粉に負けないで元気に活きましょう。

【次週《3 月4 日》の卓話予定】

 「留学をまとめながら」
 米山奨学生 李  銀熙  様 
 紹介者 犬飼 和春 会員

 

 



週報TOPへ戻る /  / 2