-2004-2005年度 第30号 週報NO.1402-
2005年( 平成17年) 2月4日 
第1402回例会記録2月18日発行


スマイルボックス


 
宝積尚熙君(横浜南R.C) お世話になります。宜しくお願い 致します。

白井恒夫君 2月1日は大変ご多忙中ありがとうございました。 ようやく80才になりました。

白井恒夫君 誕生祝、結婚祝ありがとうございました。

河野明光君 [1]田中龍太郎さん、田口健太朗さん入会おめでとう。 末永く宜しく。[2]地区大会 青少年委員会でご協力頂きまし た会員の皆さんご苦労様でした。6 時間以上の長時間に渡り、 200 名の新世代をスケジュール通りにまとめることが出来ま したのは、さすが「親睦の神奈川東」と実感致しました。一糸 乱れぬ委員のご協力に改めて感謝申し上げます。『ありがとう ございました』[3]本日は私の56 回目の誕生日をお祝いして頂 き「ありがとうございます。」

山田正憲君 ・誕生日祝いをありがとうございます。・地区大 会参加の皆様お疲れ様でした。・田中龍太郎様、田口健太郎様 入会おめでとうございます。

清水勇一君 結婚記念日の御祝を有難うございます。これから もよろしくお願い致します。

平林吉明君 結婚のお祝いありがとうございます。何度目かは 忘れましたが。

江森国一君 [1]結婚記念日のお祝いありがとうございます。[2] 地区大会では河野青少年委員長はじめ委員の皆様ご苦労様でし た。澁谷さん大変お世話になりました。[3]白井恒夫先生、傘寿のお祝いおめでとうございます。鴻さんには、大変お世話にな りました。

月山勇君 [1]田口様、田中様、入会お目出とうございます。 田、続ながりで実り多きクラブライフを。[2]地区大会、白井恒 夫さん傘寿の祝、総持寺節分会とこの一週間、会員皆様に大変 お世話になりました。以上まとめてお礼…

田邊正彦君 田中様、田口様、入会おめでとうございます。 今後共よろしく。

横山範夫君 [1]先日の地区大会参加の皆様ご苦労様でした。 [2]田口さん、田中さん入会おめでとうございます。

山本登君 ようこそ健太郎さん、龍太郎さん、若々しく心強い方が入られますのは当方も初心に返ってロータリーを勉強し楽 しみます

冨居利貞君 節分にご参加の皆様ありがとうございました。

石川正三君 [1] 2月1日の白井恒夫先生のお祝いの会、寒さの中おいで下さいまして有難うございます。[2]鈴木さん本日はご苦労様です。

山田富雄君 先日の地区大会出席の皆様ご苦労様でした。月山会長、冨居様いろいろとお世話になりました。

古川陽太郎君 [1]田口さん、田中さん入会おめでとうございます。 [2]白井恒夫先生傘寿おめでとうございます。次は米寿をめざし てお元気でご活躍下さい。[3]山本登先生、昨夜はありがとうご ざいました。[4]河野さん、田中さん昨日はありがとうございま した。

犬飼和春君 米山奨学生のイさん卒業まであと少しがんばって、 博士号をとってください。

今泉文博君 先日の地区大会参加の皆様、お疲れ様でした。 山田さん、盧さん、遅くまでありがとうございました。

雨宮和則君 先週の地区大会では、御参加の皆様ご苦労様でした。

盧康大君 田中龍太郎さん、田口健太郎さん、ご入会おめでと うございます。ロータリーライフを思う存分エンジョイして下 さい。冨居さん、昨日の節分では大変お世話になりました。 またいつもお気遣いありがとうございます。

森永正昭君 大野様、本日の卓話楽しみにして居ります。

長井章君 舘野さん、朝日さん、昨日はお世話になりました。 また、宜しくお願い致します。

天野公史君 古川先生色々お手数をお掛け致しました。ありが とうございました。石川パスト会長ありがとうございました。

川邉正男君 ・地区大会、河野委員長お疲れ様でした。・古川 先生お手数をお掛けしました。だいぶ良くなりました。・昨日 の節文祭、月山会長、冨居さん、山田富雄さんお世話様でした。

山崎善也君 会員の皆様、新会員、田中龍太郎様をよろしくお 願い致します。

鈴木武君 [1]大野静子さん本日の卓話よろしくお願いします。 [2]田中さん、田口さん、本日入会おめでとうございます。

舘野典久君 田口さん、田中さん、入会おめでとうございます。 これからよろしくお願いします。

布施是清君 [1]田中さん、田口さん、入会おめでとうございます。 楽しくやりましょう。[2]総持寺節分豆まきに参加させて頂き、 冨居さんありがとうございます。退場の際いつのまにか石原軍団の中に入っちゃって館ひろしと肩を並べて歩いちゃって…でも 間違って握手を求める人が誰もいませんでした。

田中栄君 [1]矢野さん先週はありがとうございまいた。[2]河野さん、古川先生、楽しかったです。

西山潔君 [1]河野委員長、地区大会お疲れ様でした。[2]冨居さん 昨日はありがとうございました。[3]田口さん、田中さん入会おめでとうございます。

 

2月4日 30件 104,000円
本年度累計額 1,641,500円

 

【2月度定例理事会】

【日時】 平成17年2月4日(金) 例会終了後
【場所】 ホテル キャメロット ジャパン 3階 ナイト
【議題】

[1]スリランカ募金の件 可決

2月4日迄の募金合計 214,000 円
国際奉仕委員会より 43,000 円
社会奉仕委員会より 43,000 円

合計 300,000 円

2590 地区義援金として 150,000 円
スリランカへ(送金)  150,000 円

[2]その他

次年度会長エレクトとして澁谷高弘会員に決定。

 

卓話



 + + 現 代 ア ー ト の 楽 し み 方 + + 


  日本画家 大野 静子 様  

1, これは、皆さん毎日大切に拝んでいる野口英世1,000 円札
2, 同じ野口ですが、イサム ノグチ 80 円切手
3, 光のオブジェ 彫刻
4, ミヤケ イッセイのPleats Pleats まねするな。過去の泰 正名画の模倣ではない、今までになかった絵画、新しい絵を描い た人達の中に、モンドリアンがいました。
5, モンドリアンを例に当時の人たちを驚かした新しい絵、 抽象画がどのようにして描いたのかを振り返ってみましょう。
 モンドリアンは1872 年アムステルダムに生まれました。 1909 年アムステルダムのグループ展に作品を出品、大変な酷 評を受けます。1912 年パリに行ってから、北海に面したベ ルギーに近いオランダのドンブルフに長期にわたって滞在し ました。
6, この海は、波が高いので、有名です。今でも、波を分散さ せるために、樫の杭が何本も二列一組になって、垂直に海岸に 打ち込まれています。樫は強くて、100 年も変化しないそう です。水平に押し寄せる白い波頭が、垂直な黒い杭に当って砕 ける様子をモンドリアンは毎日眺めていたました。
7, また、モンドリアンは、宇宙の中に何か普遍的な力が存在していると信じて、自然の奥に隠された造形的な構造を捜して いました。円の中に十字架をたくさん描いたりした作品があり ます。  1914年から、垂直線と平行線による画面構成が始まりました。 1925 年バウハウスの叢書として、「新造形主義」を発表した 翌年、1926 年モンドリアンの著作を読んだアメリカのコレク ターが、モンドリアン作品の購入を開始しました。1938 年ナ チの脅威が拡大したので、ロンドンに移り住んでから、アメリ カに渡りました。当時の新しい建築や、ニューヨークの碁盤の 目に作られた町もまた、モンドリアンに多くの影響を与えたに 違いありません。第二次世界大戦中から、新しい音楽や、新し い価値観を求めていた当時のニューヨークの人達が、モンドリ アンの絵を新しい絵画として、大歓迎したのです。垂直と水平 の直線が彼の絵画にとっての普遍的な表現となりました。
8,9,10 、 モンドリアンは、時々気晴らしに当時の新しい音楽、 ジャズに合わせて、踊りながら絵を描いたことも有名です。  のちに、ニューヨークの近代美術館では、モンドリアンのた めに特別室を作って、彼の創造性を後の世にいつまでも顕彰し ています。モンドリアンの場合を例えにして、いかに抽象画が 生まれたかをお話してみました。過去の既成の価値観だけに 従っているのでは、創造性を見出すのは難しいです。人は見慣れているものに安心感を抱きます。初めて見るものや、人と違ったものには、拒絶感を抱く人が多いようです。ですから、古典を中心としたアカデミックな教育だけでは、創造性は育ちにくいのです。ニューヨークは今でも、現代アートの中心です。 なぜなら、そこに住んでいる人々が最前線のアート、今まで に見たことの無いアートを身近に置く事を要求するからです。 人と違うことを喜ぶからです。最前線のアートを発掘すること を誇りにする人が多いからです。ニューヨークのソーホーの 町は、とても寂れた所でした。古い倉庫が並んでいました。 その倉庫を芸術家たちがアトリエとして住み着くようになって、 人が集まってきました。チェルシーもやはり人の少ない所でし たが、最先端の映像やDVD アートなどを扱うギャラリーが軒 を連ねることで、今では世界中から人が集まる所になりました。  昔はお城とか神社、仏閣が町を形成していく原動力でした、 現在は、先進国を例にとれば、新しいアートが町を活性化して いく起爆剤となっています。
10, アメリカ カルフォルニア州 サンディエゴ市のギャラ リーのオーナーだった マーガレット ポータートループは、 初対面のとき私の顔を見るなり、「芸術は進化するのよ」と言 いました。そして、新たな芸術の追求を私に促すのでした。
11,12,13 、日本画は、その技術を秘伝として、あたかも特別 な絵画であるかのように保護されてきました。しかし、今では 例えば膠にしても、新しい接着剤の研究開発と共に、表現の新 たな可能性が広がりました。昔は、お城の内装としての装飾性 に満ちた、花鳥風月が日本画の大きなテーマでしたが、今では 画家の個性や精神性や、社会性が強く求められるようになりま した。また、多くの美術館では、日本画、洋画といった区別を 取り除くようになり、平画として、同じ次元での対等な陳列が 行われています。技術面だけではなく、進化とは、その作家の 生きた時代の変化、またそれに伴う作家の内面的精神の変化の 吐露の結晶であり、それこそ、ポエム、つまり「詩」でありま す。現代詩が現代アートなのです。
14, 2005 年には、横浜で現代アートの祭典、第2 回トリエンナーレが開催されます。2001 年には第1回トリエンナーレ が開催されました。第1 回展では、オノヨーコがユダヤ人を 乗せてガス室に運んだドイツ鉄道の車体を運んで来て、展示し たので話題になりました。
15, 今回の第2 回トリエンナーレでは、横浜市は、本牧埠頭 の倉庫や、三菱のドックヤード、みなとみらい地区などを会場 として、最先端の分野で活躍しているアーティストをいろいろ な国から招聘します。馬車道付近にその作家たちに住居を提供 して、作品制作の依頼も企画されています。アートの創造性を 導入役として古くなって、忘れられていた倉庫などを活性化し ます。横浜は、開港と同時に異文化を取り入れながら、経済、 文化そして個人の生活を発展させてきました。2009 年横浜開 港150 年に向けて、2008 年には第3 回トリエンナーレ開催 を予定して、横浜市は新たな都市再開発を目指しています。
16, それに先立って、2005 年1 月15 日、日本郵船の倉庫 Bank Art 1929 が新たな展示場として、オープンしました。
17A,B 私は、2001 年からスウェーデンと日本の芸術交流プ ログラム(SJP)に携わり、2003 年からは、運営実行委員をし ています。スウェーデンでは地球上の環境問題をテーマにして、 見る人にその関心を喚起させるような作品を制作する人も多くいます。  SJP2004 スウェーデン大使館展及び、SJP2004 大阪国際展 の作品をご紹介して、今日の卓話を終わらせて頂きます。  多様な芸術の表現を皆様にも大いに楽しんで頂きたいと思います。そしてまた、経済界でご活躍なさる皆様にとっても、 芸術家達の創造的な発想は、皆様のお仕事の新たなご発展の ためのヒントを内蔵していることが多いことを信じて疑いません。是非、現在活躍している芸術家を支援したり、その人たちの作品を購入することで、皆さんと同時代の文化形成のために貢献してくださいますように、ここによろしくお願い 申し上げます。

 


 

◆◇◆◇ 『友』インターネット速報 ◇◆◇◆


【アフリカの保健大臣らが今年のポリオ撲滅計画を発表】

 ポリオ感染の可能性が高いアフリカ諸国の保健大臣たち が2005 年のポリオ撲滅計画を承認したと、世界的ポリオ 撲滅のパートナーである国際ロータリー(RI)とUNICEF 、 アメリカ疾病対策センター、世界保健機関(WHO)から発 表されました。1 月13 日、ジュネーブにあるWHO 本部で 開かれた会議において、その主要活動として、25 か国にわ たる大規模な予防接種キャンペーンを実施することに同意 したほか、ポリオの監視活動も強化するとしました。
 アフリカでは、ナイジェリア北部諸州でのワクチン投与 のボイコットの結果、昨年、ポリオが再び広がったほか、コー トジボワールとスーダンの内戦によりワクチン投与活動が 中断されるという事態が起きています。2005 年のポリオ撲 滅計画が、ワクチン投与活動の最後の年となるよう、アフ リカ連合でも今回のポリオ撲滅活動を指揮していく構えで、 1 月29 〜 30 日にナイジェリアの首都アブジャで開催され るアフリカ連合首脳会議において、各国首脳がワクチン投 与と監視活動の強化を発表するものと期待されています。

【ダライ・ラマ師がインドで100 周年イベントに出席】

 インド・カルナタカ州バンガロール・ミッドタウンロー タリークラブのロータリー100 周年イベントに、チベット 仏教のリーダーであり、ノーベル平和賞の受賞者でもある、 ダライ・ラマ師が出席しました。これは、同クラブが1 年 以上も前から計画し、昨年12 月2 日、ついに実現したもの です。
 師は講演の中で、ロータリーの奉仕を称賛し、「社会をよ りよくしようと活動している皆さんに感謝します」と述べ、 「奉仕の活動は、思いやりの心から発するものであり、世界 の平和も、人類が兄弟姉妹であり、個人や社会、そして自 然の繁栄に、すべての人が責任をもっているという意識か ら生まれます」、と語りました。
 第3190 地区(インド)のガバナー、S.R. ヤゴナンダ氏は、 師の仏教理念とロータリーの理念は、必要としている人に 手を差し伸べるという点で通じていますと、歓迎の辞を述 べました。

【100 周年記念PR促進キットをご活用ください】

 国際ロータリー(RI)では、ロータリーの世界公共イメー ジキャンペーンの一環として、各クラブと地区に、公共発 表用の資料を収めた2 枚組みのCD-ROM を各クラブあてに 送付しました。
 CD-ROM には、ポリオ撲滅をテーマとしたテレビ用とラ ジオ用、印刷用、屋外用、インターネット用の公共奉仕放 送/公共奉仕アナウンスメント用のデザインが収められています。広く一般社会の人々に、ロータリーの存在や活動を 理解していただくため、地元の報道機関にもち込み、無料か 安価で掲載あるいは放送してもらうよう努めてください。
 また、今年4 月がロータリーの100 周年「超我の奉仕」 ボランティア月間に指定されたことを受けて、RI では月間 中、少なくとも一人10 時間をボランティアに捧げるよう会 員に奨励しています。この100 周年ボランティア月間にご 参加いただくためのご案内も同封していますので、ご確認 ください。
 ボランティア月間については、『ロータリーの友』2004 年10 月号横組み23 ページにもご紹介しています。

【エステス会長が津波被害への援助についてコメントを発表】

 グレン・エステス国際ロータリー(RI)会長は、ドイツ・ オスナブリュックの会長主催祝賀会議の席で、12 月の東南 アジアを襲った津波の被害とそれに対する援助について、 コメントを発表しました。
 津波の被害に対するRI 独自の援助プログラムの開始につ いては、援助は各国政府や国際的な救援組織が包括的に取 り組むべきものであると否定しながらも、各国のロータリ アンは、すでに募金などで大きな成果を上げていると述べ ました。また、地区やクラブの関与は、被災地のインフラ 整備など長期的なものにすべきであるとして、ロータリー 財団を通じての南アジア災害連帯基金への貢献、あるいは マッチング・グラントの活用を奨励しました。なお、津波 被害の復旧活動、また「支援に参加する方法」や各国のク ラブの活動状況など、RI ホームページの以下のサイト(日 本語)でも紹介しています。随時更新されていますので、 ご確認ください。

 

   担当者より  ● 

山田 正憲 会報委員長

ここしばらく家内が留守(家出ではありません)のため、朝 晩は、家事と3 人の子供の世話で少々疲れぎみです。あらた めて家内に感謝、感謝。

【次週《2 月25 日》の卓話予定】

  「象のはなし」
 小池 将夫 会員

 



週報TOPへ戻る /  / 2