-2004-2005年度 第23号 週報NO.1395-
2004年( 平成16年) 12月10日 
第1395回例会記録12月17日発行


スマイルボックス

西山 潔 SAA
 
砂川馨君(横浜保土ヶ谷R.C) 本日はお世話になります。

山木幹夫君 本日は誕生日、結婚記念日のお祝いを有難う御座 居ました。『私はもう疲れました』

鴻義久君 誕生日祝い、ありがとうございます。55 才です。

月山勇君 昨日の“うまいもの賞遇会”(勝手に命名)参加の 皆様、お疲れ様でした。お味はどうでしたか?又、ワイワイ ガヤガヤやりましょう…

横山範夫君 [1]昨日の神奈川新聞への新潟県中越地震義援金贈 呈へ同行頂いた月山会長、山田正憲クラブ会報委員長、ご苦労 様でした。[2]天野さんイニシェーションスピーチご苦労様です。

江森国一君 昨日は、月山会長、古川先生、大変お世話になりま した。天野さん、イニシェーションスピーチ楽しみにしています。

山本登君 忘年会って何でこんなにあるんでしょうか。

永井隆俊君 [1]冨居会員、青柳会員、地区米山奨学年末 パーティーには景品の協賛ありがとうございました。[2]山本先生、 先日はお世話になりました。[3]古川先生、先日はありがとうご ざいました。

山田富雄君 天野さん、本日のイニシェーションスピーチ楽し みにしております。

河野明光君 月山会長のおかげで大変おいしい「ふぐ」を食す 事が出来ました。古川先生お世話になりました。

藤橋恒一郎君 殿と云う字は別名“しんがり”と読むんで すってね!

矢野修二君 都合により早退致します。

古川陽太郎君 [1]月山さん、石川さん、飯田fさん、昨夜は大 変御馳走様でした。とても美味しく楽しい会でした。[2]天野さ ん、本日のイニシェーションスピーチ、楽しみにしています。 頑張って下さい。

角田伯雄君 天野さん、イニシェーションスピーチ頑張って 下さい。

鈴木武君 天野会員、本日の卓話楽しみにしてます。

森永正昭君 天野会員、イニシェーションスピーチ楽しみにし て居ります。

山田正憲君 [1]天野さん、イニシェーションスピーチ楽しみにしています。[2]青柳さん、月山会長、横山幹事、昨日はお疲れ 様でした。

布施是清君 天野さん、イニシェーション頑張って下さい。 楽しみにしています。又、月山様、昨晩は大変お世話になりま した。本当に美味しい楽しい夜でした。

田中栄君 [1]天野さん、イニシェーションスピーチがんばって 下さい。[2]月山会長、昨日はありがとうございました。そして お集まりいただいた皆様にも「楽しい時間」ありがとうござい ました。来年も宜しくお願い致します。

舘野典久君 天野さん、イニシェーションスピーチ楽しみにし ております。 西山潔君 天野さん、本日のイニシェーションスピーチ、 頑張って下さい。
 

12月10日 21件 47,000円
本年度累計額 1,216,500円

 

理事会報告

-12月度定例理事会報告-

【日時】平成16 年12 月10 日(金)例会終了後

【場所】ホテルキャメロットジャパン 3 階 キングダム

【議題】

 [1]地区大会・神奈川新聞「広報のための協賛金」の件可決  
  60 名× 1,000 = 6 万円を予備費より支払。

 [2] 3 月25 日(金)合同IM の移動例会の件可決

 [3]石川克寿会員退会の件可決

 [4]永井隆俊会員例会出席規定免除の件可決

 [5]その他

 (1)創立30 周年記念事業第2 回実行委員会報告。可決

 (2)国際青少年交換留学生の候補者として、捜真女学校2 年 生の石井香織さんを推薦。可決

 (3)神奈川西R.C 佐々木理一郎会員が逝去。
  (生花と香典を支出) 可決  


卓話


 + + イニシェーションスピーチ + + 


  天野 公史 会員

 皆さん今日は。
今年5 月に入会させていただきました (株)ワカバヤシの天野と申します。  本日は、大変貴重な時間をいただきまして誠にありがとうご ざいます。若輩で経験も浅く話の内容もつまらないものですの で諸先輩方にとってはとても退屈な時間となりますがお許しを いただきたいと思います。
 私は昭和32 年7 月に福島県いわき市の勿来町という太平洋 に面したわりに気候の温暖な田舎の炭坑町で3 人兄弟の長男 として生まれました。  最近ではふる里創生などで整備されてきているようです。 源頼朝ゆかりの勿来の関所跡や美空ひばりの歌で知られるよう になりました塩屋崎灯台、そしてスパリゾートハワイアンズが 思い出されますが、その当時は何もない田舎町でした。
 その炭坑で炭坑夫として働いていた酒好きの父と私たち年子 の3 兄弟、寝たきりの祖母大怪我をして寝込んでいた叔父の 看病をしながら美容室を営んでいた大変忙しい毎日を送ってい たスーパーウーマンの母のもとで生まれ育ちました。
 もうすぐ田舎の親元を離れ30 年近くになりますが、その 当時を思い出すたび大変だったろうなとつくづく思いますし、 今も何もしてあげられず腑甲斐無い思いをしています。幸い なことに、年齢が年齢ですので不具合はありますが、両親とも に健在でありそれだけが救いです。このように忙しい母のもと で育ちましたので幼児のころはお客様に面倒をみていただいた り、帯で縛られていたりと母も子も大変な時代でした。
 小学校へ入る頃には大変腕白で学校や廻りには大変迷惑をか けたようです。そこで少しは正すためだと思いますが、剣道を 始めたのもこの頃だったと思います。姿勢についてよく注意さ れた事と冬の早朝の稽古の時のコンクリートの冷たさは今でも 忘れられない思い出の1つです。そのような少年でしたが、母 が、ガンで入院した時などは炊事、洗濯、そうじなどをして から学校へ行き弟たちの面倒を良くみるなどそのようなことも あったなと思い出しました。とにかく大変で色々ありましたが 田舎という事もあったのでしょうが、よく人の集る家でにぎや かな少年時代でした。
 中学になると、私たち子供は体だけは成長し家が手狭になり 増築する事になりました。自分の部屋の出来るうれしさと日々 変わって行く現場を見るのが好きだった事を覚えています。又 その時の大工さんがカッコイイ人で、羽振りもよく喜ばれなが らお金をもらえる仕事っていいなと子供心に思ったものでした。
 高校は、ろくに勉強も出来ませんでしたし衣・食・住に携わっ ていければ食いっぱくれはないだろうと考え建築科を選びました。 今思えば増築した時の大工さんの影響があったのかも知れませ ん。学校では勉強よりも先に煙草を覚えバイクに乗ればパト カーに追いかけ廻されたりといろいろな思い出が心の奥に残っ ています。後々バイクで北海道一周ツーリングをしたのですが、 このころが出発点だったかも知れません。いい加減な所ばかり が目立った時期でしたが、忍耐強い面もありました。鉄鋼所で のバイトですが、夏休みの3 年間1 日も休まず会社の人たち の欠勤予想レースをはずし、ガッカリさせたものでした。炎 天下の鉄板は70℃〜 80℃と厳しい熱さのために途中でやめて しまうのが常だったようでした。とにかく頭より体の丈夫な 子供でした。

 卒業と同時に今の会社の前身である(株)若林工務店に入社 する訳ですが上京時の電車から見た風景と母親の顔が瞼に焼き ついて離れませんでしたし、ちょっとやそっとの事では帰れな いなと覚悟を決めたものでした。その当時の若林工務店は木造 部門が創業者の若林金次会長、ナショナル住宅部門が若林由美 前社長が担当していまして私はナショナル住宅部門に配属とな り、その後ずっと若林前社長のもとで働くこととなりました。  大型のプレカット設備を導入し当時としては大変進んだ考え でしたが、時代を先取りしすぎ後々大きな負担となってしまい ました。その当時の経営理念が[1]番です。現場助手として働き 休みもなく朝早くから夜中まで働く毎日でしたが、体が丈夫な ことと、とても仕事熱心な上司の元で厳しく仕込んでいただい たお陰で今日があると感謝しております。
 一生懸命働き頑張っておりましたが、数年たったころ我が儘 を言って休暇をいただき1 ヶ月ですがアメリカに行ってきた 事が気持ちを切り替えるよいチャンスではありましたが、反省 とともに思い出されます。  その後、毎年旅行に行き気分転換を図ることを覚えたのも、 このころだったと思います。その後、監督を経て営業、設計、 積算、管理と色々な部署を経験させていただきました。その都 度初心に戻れましたし色々な角度で見る事が身に付いたように 感じます。  平成元年の10 月には、ナショナル住宅と折半出資で(株) パナホーム新横浜が設立されパナホームを販売する専業店とし てスタートする事になりました。今迄は何でも売って良かった のがパナホームだけになり窮屈さはあるもののブランド力のす ごさも感じる事となりました。その当時の経営理念が[2]番です。 これはナショナルグループ会社共通のもので会社朝礼にて唱和 しているものです。
 その後、[3]番に変更する事になりましたのは、会社は変わら ないのですが、ブランドにぶら下がるといいますが依存体質が 見えてきましたので、厳しい文章に変える事になりました。新 会社設立と同時に私も結婚を致しました。毎晩飲み歩いたり休 みさえとれれば旅行したりと好き放題の生活から一変しまして 規則正しい生活になりしばらく調子が狂ってしまいました。  結婚相手はと申しますと、月山会長の会社に勤めていまし た石垣智子さんという女性です。芯がとても強く素直で本当 にやさしい人です。結婚15 年になりますが、以前と変わらず 一生懸命サポートしてくれています。とてもありがたく感謝しています。
 子宝にも恵まれ、中学2 年の生意気な娘と小学5 年のやん ちゃな息子との4 人家族でチャンネル権をめぐりワイワイ、 ガヤガヤ賑やかな毎日を過しています。  そして、平成13 年の10 月には住宅産業は地場産業との原 点に戻りナショナルパナホームとの資本提携をとりやめ(株) ワカバヤシとして再スタート致しました。[4]番が今の経営理念 になります。
 パナホームの鉄骨工法と新たに松下電工のハイブリット木造 軸組工法、そしてリフォーム事業を強化し地域密着企業として 進めている所です。創業者、先代社長、未来の人達に引き継ぐ ためにも頑張りたいと思います。  封筒に会社案内と私共平沼のTVK 展示場に出展していますモデルハウスのパンフレットを入れさせていただいています。 皆様には、ご支援ご用命賜りますようよろしくお願い致します。
 普通ですとこの辺で趣味の話でもするのでしょうが、無芸大 食でして恥ずかしいのですが健康のために続けている事があり ます。自宅近くの公園でアスレチックをしながらウォーキング を続けています。その結果を試す所が2000 年からはじめまし た富士登山です。今年までに7 パーティー登り私も3 回登り ましたが、登り口が4 カ所ありますのでもう1 回は登らない といけないのかなと思っています。健康のためにはもちろんで すけれども、1 歩1 歩の継続の大切さを忘れない為にも続けて 行こうと思っています。
 最後になりますが、今回入会に際しまして月山会長、古川先 生、石川直前会長、河野直前幹事の方々には大変熱心にそして 上手に外堀を埋められ、冬の陣、夏の陣を迎える事なく春の陣 1 回で落とされてしまいました。いずれに致しましても、入会 7 ヶ月ではございますが神奈川東R.C で正解かなと思いはじめ ていますと同時に早過ぎたかな。レベルが高過ぎるなとも感じ ている今日このごろです。出来る限りご迷惑をお掛けせぬよう 努力するつもりですが、ご指導よろしくお願い致します。

 本日は、大変貴重な時間をいただき、どうもありがとうござ いました。

 

 
   担当者より  ● 

山本 芳弘 会報委員

12 月になり、何かと忙しい日々を送っております。台風か らの水害や、地震被災の方々を思うと、不平の言葉をのみこむ様にしております。皆様には、充分ご自愛の上、年末の多用時 ご奮闘下さいませ。

【次週《12 月26 日》の卓話予定】

「年忘れ家族会」

 
11 月度出席報告は紙面の都合により次週掲載させて頂きます。


週報TOPへ戻る /  / 2