-2004-2005年度 第16号 週報NO.1388-
2004年( 平成16年) 10月22日 
第1388回例会記録10月29日発行


スマイルボックス

西山 潔 SAA
 
松田親明君(横浜保土ヶ谷R.C) お世話様です。
 


10月22日 1件 1,000円
本年度累計額 867,000円

 
職場訪問


+ 横浜海上保安防災基地見学 


 「社会を支えている様々な職業の人々を顕彰する」という趣 旨で、今回は一般の企業とは趣を変えて文字通り社会の安心と安全を支えている、海上保安庁第三管区海上保安本部横浜海上 防災基地を訪問しました。会員35名が参加し横浜海上防災基地と巡視船を見学した後、担当係官より第三管区海上保安本部の特色や活動の説明を受けました。

 

 

横浜海上防災基地の職場訪問の後、
赤レンガ倉庫「BEER NEXT」に会場を移して移動例会を行いました。


 

 
   担当者より  ● 

会報委員長 山田 正憲

 全国で熊の被害が相次いでいます。そこで、我家にあった本にでていた熊対処法をご紹介します。

1.熊に出会ってしまったら静かにゆっくりと離れます。背を 向けて走って逃げると熊が追いかけてくる場合があります。

2.熊にばったり出会ったときに急に立ち上がる行動をとったときには、静かに声をかけゆっくりと離れてください。

3.急に出会って攻撃してきた場合は、無抵抗の防御姿勢(両手を首の後で組んで首筋を守りうつぶせになる)をとります。 抵抗すると攻撃が長引く可能性があります。

4.ゆっくり後をついてくるときは、大きな声や音で威嚇し自 分を大きく見せ人間の方が強いと思わせます。

5.人が威嚇しても後をつけて襲ってきたときは捕食目的の可 能性が高いので、棒や石、ナイフなどある物すべて使って全力で抵抗しましょう。

いかがでしょうか。でも5は対処法なのかな?  

【次週《11 月5 日》の卓話予定】

  「日本における留学生活について」
米山学友生 陸  樹芳  様 
紹介者 地区米山奨学副委員長 永井 隆俊 会員

 


週報TOPへ戻る /  / 2