-2004-2005年度 第14号 週報NO.1386-
2004年( 平成16年) 10月8日 
第1386回例会記録10月15日発行


スマイルボックス

西山 潔 SAA
 
宝積尚熙君(横浜南R.C) お世話になります。

岩澤利雄君 誕生祝い有難うございます。ビンボウひまない中でなんとか生きている幸を感じております。

渡邉淳君 今年も誕生日を祝っていただき、有難うございます。ちょうど例会日が誕生日となり、今日はラッキーデ イです。今後ともかわらぬご指導とご交誼を、よろしくお願いします。

小池将夫君 結婚祝いのきれいな花、有難うございます。たしか40回目になるかと思います。

山田正憲君 [1]結婚祝いの花をありがとうございます。毎年、 記念日を思い出させて頂いてます。[2]渡邉さんチケットありがとうございます。楽しみにしてます。田中さん、イニシエーション頑張って。

山崎善也君 結婚記念日のお祝いありがとうございます。43年、永い様な、短い様な…です。

朝日達夫君 [1]入会記念日お祝いありがとうございます。[2]昨日のゴルフコンペおつかれ様でした。大遅刻しまして大変ご迷惑おかけしました。次回は一番に到着します。

月山勇君 先日のゴルフ同好会コンペに参加の皆様お疲れ様でした。西山さん、お目出とうございます? 河野さん、クラブ “どうのこうの”では大変お世話になりました。

山本登君 昨日のGolfお疲れ様でした。下手でも運動の為に参加し続けます。

江森国一君 昨日のゴルフ同好会、幹事の須永さん、月山会長、 お世話になりました。田中栄さんイニシエーションスピーチ、 楽しみにしています。頑張って下さい。

永井隆俊君 [1]山本先生、先日はありがとうございました。 [2] 9月末バルト三国を廻り世界遺産を観て参りました。

飯田f君 昨日は月山会長、須永さんご苦労様でした。河野さん大変お世話になり、ありがとうございました。

青柳紀君 特にはありませんが色々みなさんにごめいわくをおかけしておりますので!

山田富雄君 昨日のゴルフコンペ須永さんはじめ、幹事の方々ご苦労様でした。次回の幹事、西山さん、みごと当選おめでと うございます。

古川陽太郎君 [1]田中さん、本日のイニシエーションスピーチ楽しみにして居ります。会員の皆さんはタオル・ハンカチ の御用意をお願いします。[2]エモリーヌ、今後二度と中国土産に乾燥松茸は持って来ないで下さい。[3]平林さん、本日は有難う御座居ました。[4]青柳さん、先日は大変、大変有難うございました。

河野明光君 昨日のゴルフ会では須永さん、月山会長、幹事役 御苦労様でした。楽しい一日でした。

今泉文博君 昨日のゴルフは、須永さん山本先生、西山さんすばらしいプレーでした。やっぱり魚は陸を泳げませ んでした。

雨宮和則君 岩城サン、イイコト教えて頂きありがとうございました。 鈴木武君 [1]昨日のゴルフ会幹事の須永さん、月山会長ありがとうございました。[2]田中会員イニシエーション期待 してます。

森永正昭君 田中さんスピーチ期待して居ります。

川邉正男君 昨日のゴルフ同好会出席の皆様お世話様でした。 本日仕事で早退します。

舘野典久君 昨日のゴルフコンペご参加のみなさん大変お世話になりました。幹事の月山会長、須永さん、ご苦労様でした。上がり2ホールがバーディ・イーグルで大満足の一日でした。

須永久一君 昨日は晴天に恵まれてのコンペ、参加者の皆さんご苦労様でした。皆さんのご協力で無事幹事の責任を果す事が出来ました。有り難度うございました。

角田伯雄君 田中さんイニシエーションスピーチ頑張ってください。

平林吉明君 ゴルフ同好会の皆さん昨日はお疲れさまでした。 須永さん送り迎えありがとうございました。四会連続ブービーメーカーこれも一つの才能でしょうか?

長井章君 昨日のゴルフコンペお世話様でした。田中さんイニシエーションスピーチ楽しみにしています。

天野公史君 田中さん本日のスピーチ楽しみにしています。

田中栄君 昨日のゴルフコンペ、須永さん、月山会長お疲れ様でした。そして平林さん、舘野さんありがとうございました。 楽しかったです。スコアは聞かないで下さい。

西山潔君 [1]昨日のゴルフコンペ幹事の月山会長、須永さんお疲れ様でした。すばらしい天候でとても楽しいゴルフができました。おかげさまでブービー賞と次回幹事の栄誉を頂きました。 またゴルフが嫌いになりました。[2]田中栄さん本日のイニシエーションスピーチ頑張って下さい。
 


10月8日 29件 75,000円
本年度累計額 763,500円

 
理事会報告


−10月度定例理事会報告−

【日時】平成16 年10 月8 日(金)例会終了後
【場所】ホテルキャメロットジャパン 3 階 ナイト

【議題】
[1] 100周年記念・三クラブ合同事業の件        継続審議
  会長、幹事一任
[2] 30 周年記念事業実行委員会の件          可決
[3] IM 登録の件                       可決
  全員登録
[4]会計四半期報告                      可決
[5]その他
 (1)青少年奉仕(伊澤委員長)                 可決  
   ボーイスカウト第19 団・49 団へ5 万円(計10 万円)  
   横浜いのちの電話へ10 万円  
 (2)神奈川西R.C 5 周年へ祝儀5 万円(会長、幹事出席)   可決  
 (3)地区大会(1 月29 日)展示3クラブ共同事業

 

卓 話


+ イニシエーションスピーチ 


田中 栄 会員
 

 こんにちは、私は、今年の3月12日に神奈川東ロータリークラブに入会し、7ヶ月が過ぎました。私が入会する時いろいろと、あった事を聞いていますが、何より石川克寿さんとの出会いから始まりました。前会長の石川さん、前幹事の河野さん、 前増強委員長の古川さんとお会いし神奈川東ロータリークラブ のお話をお聞きし会談しました。私は、すでに石川克寿さんか ら何となくですが聞いていたので入会の面接とばかりおもっておりました。今から考えると、女性会員、入会の事でとても御苦労があったと日々常々感じている次第です。今回イニシエー ションスピーチをするにあたって私、田中栄の今までの歩みについて、お話させて頂きます。  

私は昭和42年5月7日横浜市港北区新吉田町にて生まれ育ちました。父は分家で、本家は何代も続く旧家で農業を営んでおります。何時も「世間体があるのだから」と厳しい家柄でした。 母は宮城県で生まれ育ち、就職で横浜に出てきました。父、母 はともに昭和15年生まれで、結婚7年目、30歳の時に私を出産しています。当時としてみれば高齢出産ですね! 2 歳4 歳、 離れた弟が2人います。小学生時代の私は女の子とは思えないほどお転婆で両親が悩んだ末、4年生の時に日本舞踊に通うよう、仕向けられました。然程、楽しくも無く1年半で辞めてしまいました。高学年になるとポートボール、テニス、ソフトボール、サッカー、卓球、なんでもやりました。とても楽しかったです。中学に入り2年生になると母が胆石で入退院を繰り返し、その度に父、兄弟の朝食、お弁当、夕食を作る様になりました。夕食は6 時と決まっていたので4 時には買い物をして料理をしていました。幼い頃から母の手伝いをしていたので一通り作れて苦労は無かったです。でも、やはり遊びたい年頃で反抗もありました。高校に入学すると、すぐ好きな人ができ、 家を出たかった私に拍車が掛かり17歳で妊娠、親の反抗を押し切って高校を中退し、結婚しました。年は2つ上の人でした。長男が生まれてすぐに父が大腸癌だと知らされ、それも末期でした。東京女子医大で手術をしましたが、開腹してすぐに閉じられました。病院を横浜に移し、母は毎日、病院に通っていました。私が19歳の時、母が胆石で入院、父と同じ病院で した。私は主人に実家で暮らす様にお願いして家族の世話をしていました。子供が幼く大変だったのを見かねて宮城のおばあちゃんが手伝いに来てくれ、とても助かりました。母が入院して1 週間目、本来、母が入院していなかったら帰っている時刻、 午後7:40 分、父の容態が急変しました。私達が着いたのは 9時前、父の意識は無く、母はずっと父の手を握り締め「あなた、 頑張って、頑張って」と声を掛けていましたが午前2:30分 に父は天国へと逝ってしまいました。今でも此の光景は忘れ られません。二人は愛し合っていたと確信しています。享年49歳の6月でした。母は泣き崩れていましたが、私は涙さえ出ませんでした。あの、力強い父、身長175cm 、体重100kg を超えていた父が、痩せ細ってガリガリになっていました。母 のことを思うと、私がしっかりしないといけないと思いました。  翌年の5月父の一周忌を早めにすませ、7月に母は胆石を取 り除く手術をしました。「これからは、元気になって頑張るん だ〜」と私に言ってくれました。1ヶ月前、私は次男を出産しています。手術から一週間目、母は肺炎に罹り、生後1 ヶ月 半の次男と2 歳の長男を連れ毎日病院に通いました。婦長さ んからも看護婦さんからも免疫の無い子供を連れてきたら駄 目」と注意されましたが、子供を預けるところも無く次男を小 さな籠に入れて病院に通っていました。母が危ないと知った親 戚の人達が私と交代をしてくれましたが、手術から20 日、母も天国へと旅立ってしまいました。父の死から約1 年です、母、 50 歳でした。私は20 歳、弟は高校生で18 歳16 歳。私も弟 も泣きませんでした。丁度、その頃から主人とはギクシャクし ていました。母の危篤の時も遊びに行っていて帰ってきたのは 朝方で、あきれ果ててしまいました。知り合った当時も仕事を 転々としていましたが、「私がこの人を変えてみせる」と、まで思い込みそれなりに一生懸命頑張ってきましたが、やはり、 若さという壁がありました。23歳の時に解雇いたしました。 今は有限会社の社長と聞いています。私は、子供、弟達の為に 田中の家を守る決心をしたのです。保健会社で働きながら、どんなに辛くとも何時も元気で笑顔を絶やさず努力し前向きに頑 張りました。毎日、弟のお弁当を作り、掃除、洗濯、子供の送 り迎え、夕飯、教育、それは、それは、忙しい毎日でした。弟 の就職活動の時、学校にも行きました。今の精神力の強さは、 この20 代で創り上げられたと思います。

 会社では色々な事を勉強しました。営業、新人採用、教育、 育成です。営業では、職域活動から経営者に至るまで、特に 終盤は、企業保険を中心に活動し、本社の盛大なパーティー にも出席させて頂きました。新人採用でも、いい人(普通な 人)を心掛けていました。今でも6人、働いていますが、各々、 頑張っております。この、いい人を採用することで、教育、 育成はそんなにも苦労はありませんでした。この頃には、営 業(個人事業)から、会社側(社員)になりました。自分な りの目標を果たす事ができました。その時の私には、新たな 目標が必要でした。子供達も高校生です。そこで、会社の同期で入社以来の親友と将来の事に付いて話しました。その彼 女も色々な不安を抱きながらトップセールスとして頑張っていました。宅建の資格もあり、保険業をしながら不動産もこなしていましたので彼女の経験、知識を生かし、そして私、 彼女(星谷)が築いてきた人間関係を生かし、このテンポイントの事業を起ち上げました。星谷さんは7つ上で、私とは バランスが良く取れていて私が突っ走るタイプに比べ慎重で 唯一私にブレーキを掛けてくれる人です。石川さんとの出会いについて少しお話させて頂きます。石川さんとは、私が営業の時に知り合い、お客様の中では一番の若手の社長さんで、 人として何か引かれるものがありました。テンポイントを起ち 上げ、ホームページを作るとき見本を見ていたら石川さんの会社、シティフアーマがあったのもビックリしました。この時に 何かを感じ御挨拶に伺ったところ神奈川東ロータリークラブの話になったのです。私も色々と勉強したい気持ちもあり、入会を決心しました。
 入会してからは色々な人と知り合い相談に乗ってくれたり、語 り合ったり、またゴルフにも行き、充実した日々を送らせて頂い ております。これからも、クラブを通じ自分自身の成長につなげ て行きたいと思います。これからも宜しくお願い致します。
 

 
 神奈川宿区民まつり 
−スリランカに井戸を贈ろうー

 

 10 月10 日(日)心配された台風22号も過ぎ去り、東海道神奈川宿シンポジウム開催を記念して例年の地域まつりを区内3地域合同に拡大して反町公園にて神奈川区民まつりが開催されました。今年も「スリランカに井戸を贈ろう」を合い言葉に社会奉仕 委員会と国際奉仕委員会が中心となり多くの会員やその奥様方の協力のもと募金活動が行われ、その結果25万円の募金が集りスリランカの井戸堀り事業に寄付することとなりました。
 





 神奈川区民まつり終了後、
鶴屋町の松竹にて区民まつりの反省会を兼ねた第2テーブルミーティングが行われ、美味しい食事とお酒で朝からの疲れを癒していました。




 
   担当者より  ● 

会報委員 山本 芳弘

台風がまた近づいております。今回は関東に上陸の可能性があるとか…。
被害が最小限であることを、ただ、祈るばかりです。 

【次週《10 月22 日》の卓話予定】

 「職場訪問」

 
 


週報TOPへ戻る /  / 2