|サイトマップ|検索&リンク|プライバシーポリシー|スマホサイトへ|
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  ロータリー財団は、皆さまからのご寄付を世界各地での 奉仕活動に役立てています  
 
創立以来100年間、私たちの財団は、教育の支援や持続可能な成果を生み出すプロジェクトに総額30億ドルの資金を提供してきました。 一つひとつのご寄付により、世界中の地域社会を少しずつ変えていくことができます。
ロータリー財団に寄付する理由
ご寄付の90%以上が、奉仕プロジェクトに直接生かされます。私たちは透明性を重視し、責任ある資金管理を行っているため、安心してご寄付いただけます。
 
ご寄付はどのように活用されるか
世界に35,000あるクラブは、発展途上国にきれいな水をもたらし、平和活動に携わる人材を育成するなど、世界中で持続可能な影響をもたらしています。ポリオ撲滅活動においても、予防接種活動を通じて発症数を世界で99.9%減少させてきました。皆さまからのご寄付は、こうした活動に大切に活用されています。
 
 
ご寄付が世界にもたらす影響
わずかなご寄付で、一人の命を救うことができます。一人の子どもをポリオから守るのに必要なワクチンのコストは、わずか60セント(約70円)。さらに、ロータリーがポリオ撲滅に投入する資金に対してビル&メリンダ・ゲイツ財団が2倍の額を上乗せするため、ご寄付が3倍になってポリオ撲滅活動に生かされます。
毎年、紛争と暴力によって数百万人が家を失い、故郷を追われています。紛争で命を落とす人の90%が罪なき一般市民であり、その半分が子どもです。

このような状況を、私たちは絶対に受け入れません。ロータリーは、異文化交流を通じて相互理解の心を育て、紛争解決のスキルを備えた人材の育成を通じて平和な世界づくりを促進しています。

●こんな活動をしています
奉仕プロジェクト、平和フェローシップ、奨学金などさまざまな形で、紛争の根底にある諸問題(貧困、不平等、民族間の緊張、教育機会の欠如、資源の不均等など)に取り組んでいます。

生活の質の改善。
衣食代、家賃、光熱費、医療費などを払うことのできない家族を支援するために、ロータリー会員が「People for People財団」を設立しました。
いじめ認識向上。
フィリピンのローターアクトクラブが学校で「いじめ反対」キャンペーンを実施。仲違いやけんかを穏やかに解決する方法を生徒たちに指導しました。
家庭内暴力の犠牲者とその家族を守る。
ルイジアナ州は、家庭内暴力による死亡が米国内で4番目に多い州です。地元ロータリークラブ会員は、シェルターに食料や医療を寄贈しているほか、年に500人以上の女性に法律相談やコンサルティングを無料で行っています。