2004〜2005年度 国際ロータリー会長
グレンE・エステス・シニア
“ロータリーを祝おう”

2004〜2005年度 第2590 地区ガバナー
藤林豊明
会長 月山 勇
会長エレクト 山本 登
SAA 西山 潔
副会長 小池 将夫
幹事 横山 範夫
会計 舘野 典久
副会長 田邊 正彦
クラブ会報 山田 正憲
○事務局/ホテルキャメロットジャパン内
 〒220-0004 横浜市西区北幸1-11-3 TEL:(314)3900 FAX:(314)3555
○例会日/毎週金曜日0:30 〜 1:30 PM
○例会場/ホテルキャメロットジャパン ○創立記念日/昭和51年5月29日
-2004-2005年度 第13号 週報NO.1385-
2004年( 平成16年) 10月1日 
第1384回例会記録10月8日発行


司 会

江森 国一 副幹事

点 鐘

月山 勇 会長

斉 唱

君が代・奉仕の理想

四つのテスト

山崎 善也 職業奉仕委員長

ゲスト紹介

横山 悦朗 様(ガバナー補佐)
成田  恵 様(スピーカー)
李  銀熙 様(米山奨学生)

ビジター紹介

横浜瀬谷R.C 武井 健一 君

結婚記念日祝

加藤 仁昭 様(10 月4 日)
鈴鹿 市郎 君(10 月6 日)

誕生日祝

森永 正昭 君( 9 月4 日)
藤橋恒一郎 君(10 月2 日)


幹事報告

横山 範夫 幹事  
□本日例会終了後、クラブ協議会を4階フェアウインドIIIにて行います。

□次週8日(金)例会終了後、10月度定例理事会を3階キングダムにて行います。

□ 10 / 10 地域まつりがあります。

□本日キャメロットジャパンより1周年でお祝い頂きました。

□例会変更のお知らせ
 横浜南R.C 10 月9 日(土)→休会(定款第5 条第1 節により)
      10 月30 日(土)→夜間移動例会 点鐘18:00

□週報ご恵贈クラブ
 横浜港北R.C
 横浜南陵R.C(例会場紹介)
 タウンニュース

 

委員会報告

矢野 修二 雑誌委員長
 

矢野委員長より「ロータリーの友」で注目した記事が紹介されました。
 

 −ロータリー友10月号より−

ロータリーは100年を迎えました。ロータリー100周年記念国際大会が行なわれるシカゴは、シカゴブルースやジャズの本場といえます。ロータリー創立者のポール・ハリスは1932年の国際大会で、“ジャズは、今、その隆盛期を迎えています; ジャズは、この時代を待たねばなりませんでしたが、ずっと演 奏され続けてきたのです”とメッセージの中で触れていますが、 ジャズは現代でも多くの人々に聞かれ、愛され、そして、進歩し続けています。アメリカ文化の中心であるシカゴで創立され たロータリーも、ジャズと同じように、会員や地域社会の人々 に愛され続け、先人が奏でてきたその理念というメロディーは、 現在若い世代によって、今も進歩し続けているといえるのでは ないでしょうか。  10月は、米山月間です。1999年10月号から、ロータリーの 友には“よねやまだより”というページが掲載されていますが、 今月は米山特集ということで4ページ掲載されていますので是非 お読みになられて頂けますようお願いします。  米山梅吉氏は“奉仕の人”と言われ、“何事も人々にしてほし いと望むことは人々にもその通りにせよ”という信念であり、願 いであり、その言葉に氏の生涯をうかがい知ることができるのではないでしょうか。「他人への思いやりと助け合い」の精神をもっ て、そのことについて多くを語らなかった陰徳の人だったのです。 氏こそ日本のポール・ハリスなのではないかと、そのような氏の 人柄と生涯に触れる度に、私は感じ入ってしまいます。  最後に、ロータリー柳壇から川柳をご紹介させて頂きます。

“栃木弁通訳通せば標準語”
“G パンに貼ってやりたいガムテープ”
“休肝日密かに誘いを持っている”

 ロータリー財団国際親善奨学生委員会の青柳カウンセラーよ り、山本直子さんから無事エジンベラに到着したむねの手紙が 紹介されました。
 

出席報告

盧 康大 出席委員長

 
会員総数 61名 (47 + 14)名
出席会員数 43名 (36+ 7)名
出席率 76.60%

ゲスト 3名 ビジター 1名
前回補正後 93.62% 前々回補正後 95.74%
 
 

本日《10 月8 日》のプログラム
  斉 唱 我等の生業
  献 立 幕の内弁当
  卓 話  「イニシェーションスピーチ」
        田中 栄 会員
 



週報TOPへ戻る / 1 /