2004〜2005年度 国際ロータリー会長
グレンE・エステス・シニア
“ロータリーを祝おう”

2004〜2005年度 第2590 地区ガバナー
藤林豊明
会長 月山 勇
会長エレクト 山本 登
SAA 西山 潔
副会長 小池 将夫
幹事 横山 範夫
会計 舘野 典久
副会長 田邊 正彦
クラブ会報 山田 正憲
○事務局/ホテルキャメロットジャパン内
 〒220-0004 横浜市西区北幸1-11-3 TEL:(314)3900 FAX:(314)3555
○例会日/毎週金曜日0:30 〜 1:30 PM
○例会場/ホテルキャメロットジャパン ○創立記念日/昭和51年5月29日
-2004-2005年度 第1号 週報NO.1373-
2004年( 平成16年) 7月2日 
第1372回例会記録7月9日発行


司 会

江森 国一 副幹事
 
年度始セレモニー

認証状引継式

石川正三直前会長より、月山勇会長へRI 加盟認証状を引継ぎ。


記念品贈呈
・月山勇会長より、石川正三直前会長・河野明光直前幹事に記念品贈呈。


ホテルキャメロットジャパン鈴木宴会マネージャーへ謝礼を贈呈。


事務局へ謝礼を贈呈。


本日《7 月9 日》のプログラム
  斉 唱 我等の生業  
  献 立 イサキのポワレバルサミコソース
  卓 話 「新年度挨拶」
 職業奉仕・社会奉仕・国際奉仕・
 青少年奉仕・SAA・出席各委員長

 

点 鐘

月山 勇 会長

斉 唱

君が代・奉仕の理想

四つのテスト

山崎 善也 職業奉仕委員長

ゲスト紹介

岩岡眞三郎 様(神奈川西R.C)
李  銀熙 様(米山奨学生)

ビジター紹介

神奈川R.C  内藤 幸一 君
神奈川R.C  佐伯 隆弘 君
神奈川西R.C  朝木雄治郎 君

誕生日祝

江森 国一 君(7 月5 日)



乾 杯

石川 正三 直前会長

会長報告

月山 勇 会長  
◇河野明光会員が地区大会実行委員会青少年委員長に委嘱されました。
◇会長・幹事会の報告及びIM の報告。
 
幹事報告

横山 範夫 幹事  
 例会変更は週報をお読み下さい 。

1 . 次週9 日例会終了後、7 月度定例理事会を3 階ナイトに て行います。
2 . 6 月25 日(金)18:00 〜第4 グループ第1 回会長幹事 会開催(中華街翠華)
  議題 [1]地区方針(目標について)
     [2]公式訪問(クラブ協議会について)
     [3] IM について 3 月25 日(金)13:00 〜
      川崎駅西口 ミューラ川崎で開催
      ガバナー補佐 横山氏
     [4]意見交換
3 . 身分証明
  週報のホルダー
□週報ご恵贈クラブ
 川崎中R.C 、川崎とどろきR.C 、
 全国ローターアクト研修会報告書、
 米山奨学事業基礎調査報告書
 
委員会報告

矢野 修二 雑誌委員長
 
雑誌委員会の矢野です。
 ロータリー100 周年に当る今年度のRI のテーマは簡潔で心 地良く、かつ意味があるものとなっております。そのテーマは、 “ロータリーを祝おう”というものです。RI に関する“横組み” のページには、今年度のテーマに関する、エステスRI 会長の 公式訳文が掲載されておりますので、もう一度お読みになられ ては如何でしょうか。  ご覧になられると、お分かりのように、「ロータリーの友」 には、“横組み”のページと“縦組み”のページがあります。 今回は年度の初めですので、「ロータリーの友」の読み方・見 方を、もう一度おさらいをしたいと思います。  “「ロータリーの友」の本質”と題して、「ロータリーの友」 委員会委員長 渡邊 隆 氏が、横組みページと縦組みページ について説明なさっております。「ロータリーの友」には二面 性があり、横組みページにはRI 国際ロータリー情報が沢山掲 載されており、ロータリーの本質についての学習が目的とされ ております。縦組みページには、各クラブの活動実態や各会員 の意見表明が述べられ、会員相互の交流と情報交換が目的とさ れております。簡単に申しますと、公式誌と同人誌としての二 面性があるということです。
 「横組みに学び、縦組みに参画する」という意図のもと、横組みページからはロータリーの本質を学び、縦組みページでは 自らの活動を反映させていきましょう。RI の“横組み”ペー ジには「強調される4 つの奉仕」として、[1]ロータリー家族 [2]識字率の向上[3]保健問題[4]水管理 が挙げられています。 我々の住む日本では既に改善されているような案件も見受けら れます。しかし、我々に関係ないと切り捨てるのではなく、我々 が自らの出来る範囲で何が出来るかということを考え、実践す ることを要求されているのではないでしょうか。そして、“読 んでおしまい”ではなく、学んだこと・考えたことを実現さ せるためには実践が必要です。教わるばかりで、自分で考えよ うともしなければ、知識は身につきませんし、行動するための 指針も見出せなくなるはずです。「ロータリーの友」を通じて、 RI に本質を学び、自分達が計画を立てた事を実行するモチベー ションを高めて行きましょう。
 
出席報告

盧 康大 出席委員

 
会員総数 62名 (48 + 14)名
出席会員数 48名 (41 + 7)名
出席率 85.42%

ゲスト 2名 ビジター 3名
前回補正後 97.92% 前々回補正後 97.92%
 


週報TOPへ戻る / 1 /